女性医師

自分に適したバストアップ施術法を選ぼう|豊胸手術は人気の豊胸法

バストアップは美容外科で

女の人

美容外科の豊胸手術は多彩な方法があり選ぶことができる。豊胸手術の歴史は長く技術や経験、医学の進歩により高い成果をあげている。豊胸術は主に3つある。シリコンバッグ挿入法は大きさや形を自在で半永久的な効果がある。脂肪注入法はスリムアップも同時に叶える。ヒアルロン酸注入法は手軽で自然な豊胸が可能である。

View Detail

自然な形での手術を

ビキニ

豊胸手術は今後、より触感にこだわったものを使って宝供する可能性が高まると予想されているのは事実です。手術を受ける際の負担も軽減されると予想されています。シリコンパックや生理食塩水などのさまざまな種類のメリットとデメリットを知っておくことが、安全に受ける目安です。

View Detail

バストアップするには

バスト

バストアップの方法

バストアップをする場合には、マッサージや胸が大きくなるための食べ物を摂取するといった方法が行われますが、はやく確実にバストアップする場合には美容クリニックで豊胸手術を受けるという方法があります。バストの悩みとしては、胸が小さい場合や体型の変化で、しぼんでしまった場合、また乳房の大きさが左右で違うといった場合や、乳房の形が気になるといったものがあります。豊胸手術では、これらの悩みに合わせてさまざまな治療方法があり、それぞれの悩みに合わせて行うことになります。以前の豊胸手術といえば、シリコンバッグを乳房に挿入するといったことで大きくみせるといったことが行われていましたが、現在ではヒアルロン酸を注射するといった手術を伴わない豊胸も行われています。

美容整形の傾向

美容クリニックでの豊胸の方法は進化しており、さまざまな方法で行われています。そもそもバストのボリュームがない場合にはシリコンバッグなどの人工物を挿入する方法のほか、脂肪注入による豊胸手術があります。人工物を挿入する方法では拒否反応や体型の変化によって不自然になるといったデメリットがありますが、脂肪注入の場合には自身の身体から余分な脂肪細胞を採取してバストに注入するというものです。以前の脂肪注入では石灰化したり吸収されたりするといったデメリットがありましたが、現在では採取した脂肪を加工してから注入するため、それらの問題は出なくなりつつあります。一方でヒアルロン酸注入では豊胸手術とは異なり切開する必要がなくバストアップさせることができますが、大きくできる程度が限られており、またいずれは吸収されてしまうため定期的に施術する必要があります。

採取した脂肪を注入

ドクター

脂肪注入による豊胸手術は、安全性と効果の高さから、注目されています。しかも、脂肪の定着率を上げたり、成長因子を一緒に注入したりという工夫もおこなわれるようになっています。また、注入する脂肪は、お腹や太ももから採取されます。つまり、バストアップ効果と同時に痩身効果も出てくるわけです。

View Detail